JR和歌山駅西口より徒歩3分

鍼灸・整体

和歌山県和歌山市美園町5丁目3-1雑村ビル2階D

073-425-7370 完全予約制

休診日
日曜 / 祝日 / 水曜午後 / 土曜午前
受付時間
午前:9時~12時 / 午後:14時~20時

腰痛から坐骨神経痛へ悪化したときに注意する3つのポイント

『いつもの腰痛から足のしびれなどの症状が加わり、坐骨神経痛になってしまった。』

そういったことでお困りではありませんか?

腰からより下の方へ痛みが広がったということは、腰痛が悪化したことを表しています。

身体の中心からより遠くに症状が出た時は、しっかり治療していくことが回復への早道です。

腰痛,坐骨神経痛

腰痛がなぜ坐骨神経痛になるのか?

坐骨神経痛というのは、お尻筋肉~太もも~ふくらはぎ~足などに痛みやしびれの症状が出たことを表す症状の総称です。
病名ではありません。

坐骨神経痛の原因には、
・病名がある=検査で異常
・病名がない=画像検査で異常がない
という分け方ができます。

「病名がない」

病名があり、脚に痛みやしびれが出ると言われているのは、
・椎間板ヘルニア
・腰部脊柱管狭窄症
などがあります。

しかし、どちらも急に起こるものではなく腰に負担がかかり続けた結果、椎間板や腰椎に変形や変性が生じて画像検査でわかるようになったものです。

「病名がない」

2つの病気のように画像検査で病名がつかなくても、坐骨神経痛の症状は起こります。

筋肉から痛みやしびれが起きている場合です。

筋肉に負担がかかり過ぎている状態が続くと、慢性疲労状態になります。

休めても回復せず、血流が悪く筋肉が緊張状態にあり、痛みをすぐに感じるようになっています。

これが、腰だけなら腰痛ですが、腰をかばうために股関節の周りの筋肉や太ももやふくらはぎまでとなると、足にしびれや痛みが起こり坐骨神経痛の症状が起きるのです。

腰痛からの坐骨神経痛を治すために

腰痛が悪化して坐骨神経痛になった時には3つのポイントを確認してください。

  1. 急な体への負担はなかったか
  2. 今までの腰痛へのケアは十分だったか
  3. 普段の姿勢や体の使い方に問題はなかったか

この3つのポイントを確認した上で、原因は何かを突き止めることが重要です。

今後の治り方、どれだけの治療の頻度・期間がかかるかにも関わってきます。

身体の状態が悪かったり、お仕事での負担が大きい場合、治療の間隔が空きすぎると、回復が遅れなかなか良くなりません。

自分で何とかしようとしても良くならないのは、それだけでは足りないからなんです。

もしあなたが腰痛からくる坐骨神経痛でお困りなら、早めに専門家に診ていただくことをお勧めします。


ぜんまい治療院では、整体はり治療体操指導を中心に腰痛の根本治療をおこ­なってます。

腰痛治療なら和歌山市ぜんまい治療院へ

和歌山市で腰痛治療に実績のある鍼灸院整体院をお探しなら、JR和歌山駅西口より徒歩4分の【ぜんまい治療院】へお越しください。

ぜんまい治療院は、腰痛をはじめ、肩こり膝の痛み、頭痛でお困りの多くの患者さんが来院されています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

073-425-7370

予約制