【和歌山駅から徒歩4分】整体マッサージ・鍼灸治療院。ご来院の6割が女性。肩こり・腰痛・頭痛・ひざの痛み・自律神経失調症.

ひざの痛みの症例

当院はこのような症状に実績があります。

ひざが痛くて歩けない    歩き始めに膝が痛い
ひざの場げ伸ばしがつらい   階段の上り下りがつらい

すべての症例を掲載することが難しいため、一部を紹介します。

症例1 左のひざの痛み

患者

女性 40代

来院

2015年4月

症状と来院理由

2か月前からひざが痛くなってきた。
コタツで生活をしていて、だんだんと座りにくくなってきた。
正座もできていたが、痛みのためにできなくなってきた。

整形外科で水を抜いてもらい、気持ちは楽になったが、痛みや動作に変化は実感できていない。
体重は若いときに比べて20㎏増加している。

曲げるときの痛み
立ったり座ったりのときの痛み
歩行時の痛み

がある。

ずっとこのまま痛みが続くのかという不安があり、
インターネットで検索し、当院を見つけ来院される。

治療

ひざの痛みには、太ももの筋肉や股関節周囲、腰部の安定性も関係してくる。
下肢の動きを悪くしている筋緊張を整体で緩めた。(うつ伏せ、あお向け)

施術後は、歩行時の痛み、立ちすわりの痛みも(-)になり、
ひざの腫れも引いてきている。

同時に治療した症状

なし

考察

コタツで長時間座っていることは、腰回りや股関節、脚の筋肉をこわばらせてしまう。
その結果ひざに痛みが起こり、痛みのために動かさないという悪循環を作ります。
注射で水を抜いても周囲の筋肉がうまく動けるようになっていなければ、楽にはなりません。
生活上の姿勢、動作に偏りがないかチェックして改善して行くことも必要になります。

お気軽にお問い合わせください TEL 073-425-7370 受付時間 9:00 - 21:00 [日曜除く] 予約制

PAGETOP
Copyright © ぜんまい治療院 整体 はり灸 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.