肩こりでお困りの方には、まずはマッサージで対処して、最終手段として鍼灸(はり・きゅう)を考えている方がいらっしゃいます。

特に鍼を受けたことのない方は、鍼灸はちょっと遠い存在と思っているようです。

はり治療を受けると、「鍼で肩こりが楽になりました」という声をよくいただくので、そこにたどり着くまでの時間が患者さんにとってもったいないなぁと感じます。

そこで、今回は肩こり鍼灸、特に鍼治療はどのような効果があるのかをご紹介いたします。

肩こり,鍼灸

鍼が肩こりに良い理由

当院には肩こりでお困りの方が多く来院されます。

肩こりという症状ですが、お身体の状態は人それぞれです。

首がつらい人、肩がつらい人、肩甲骨周りがつらい人、全部つらい人。

触ってみて、表面から硬くなっている人、奥の方が硬くなっている人。

動かしてみて、スムーズに動く人、動きにくい人。

冷えやすい人、暑さを感じやすい人。

姿勢が良い人、悪くなっている人。

筋肉の状態や動作や姿勢、体質などの問題が重なり合って、肩こりの症状が出ていることがわかります。

この多様なケースにマッサージでは、肌の表面からの刺激でしか対応できません。

しかし、鍼治療の場合は刺す深さ、本数、時間をその状態に合わせて治療できます。

鍼治療は、鍼によって小さな傷をつけたところが治る仕組み(自然治癒力)を利用して、様々な症状の改善に役立てる治療法です。

刺したその場所もそうですが、体の調子を整える作用のあるツボ(経穴)を使用して、全体の回復力を上げることで症状の改善につなげることも可能です。

つまり、「全体+局所」の血流をよくして肩こりを改善できることが「鍼が肩こりに良い理由」なのです。

鍼による肩こり治療の効果を高めるには

肩こりに鍼治療が良いということは、ここまでお読みいただいて理解していただけたかと思います。

ただ、鍼をしたからといってどんな肩こりでもすぐに治るわけではありません。

先ほど挙げたように肩こりの状態は人それぞれですので、その人の状態に合わせた施術が必要ですよね。

そして、症状の重さや日常生活での体への負担、体質などによって治療方針や治療回数も異なります。

治療回数が足りなくて効果が出にくければ、「鍼も私の肩こりに効かなかった」と勘違いのまま終わってしまいます。

鍼は体に小さな傷をつけてその治す力を利用しますが、その傷が治るまでにかかる期間は3~4日とされています。

最初から治療間隔があきすぎてしまうと、施術による効果も出にくくなってしまいます。

肩こりの治療効果を高めるには、最初は週2回から始め、お身体の状態が安定してきたら徐々に間隔をあけていくのが一般的です。

軽度の一時的な疲れならよいですが、慢性的な肩こりでお困りなら治療のペースにもこだわっていくことが回復につながります。

ぜんまい治療院では肩こりの根本原因に対し、鍼灸と整体を組み合わせて治療に取り組んでいます。

肩こりでお困りでしたらお気軽にご相談ください。

肩こり治療について詳しくは肩こりでお困りの方へをご覧ください


ぜんまい治療院では、整体はり治療体操指導を中心に肩こりの根本治療をおこ­なってます。

肩こり治療なら和歌山市ぜんまい治療院へ

和歌山市で肩こり治療に実績のある鍼灸院整体院をお探しなら、JR和歌山駅西口より徒歩4分の【ぜんまい治療院】へお越しください。

ぜんまい治療院は、腰痛をはじめ、肩こり膝の痛み頭痛でお困りの多くの患者さんが来院されています。