骨盤矯正をすると腰痛解消!」という謳い文句を見聞きすることはありますか?

ネットや広告を見ると、「骨盤矯正」という言葉がいつのころからか急に増えました。

知られている言葉の割には、「骨盤矯正」という言葉の意味が理解されていないと感じます。

そのため、自分の骨盤がゆがんでいるかどうか不安になられている方もいらっしゃいます。

今回は、骨盤矯正の本当のところについてご紹介しますので、不安を解消していただけたらと思います。

腰痛,骨盤矯正

骨盤矯正と骨盤の歪み

骨盤の矯正についていくつか疑問点があります。

1.骨盤は歪むのか

骨盤は6つの骨が組み合わさって形成されています。

骨盤にも関節があり、ごくわずかの動きがありますが、とても頑丈に出来ているので少しの外力では歪むことはありません。

非常に強い力がかかれば別ですが、その時は歪むよりも骨折してしまいます。

骨折して骨の付き方が悪ければ形として、歪んだと表現できるかもしれませんが通常は歪みません。

2.歪んでいたら治せるのか

骨盤はとても頑丈に構成されています。

それを力を入れて、外から動かそうとしても動くはずがありません。

まず、歪まないものは治せませんし、外からの力で何とかできるものではありません。

中には、強い力をかけて施術するところもありますが、大変危険だと思われますのでご注意下さい。

3.腰痛と関係あるのか

骨盤のゆがみや背骨のゆがみはそれ自体では、痛みを起こすようなものではありません。

腰痛の原因は複数あり、それが組み合わさって起こることがほとんどです。

背骨や骨盤のゆがみだけが腰痛の原因だとしたら、ゆがみの大きいお年寄りほど痛みは強くなります。

しかし、若い人でも腰痛はあります。

ゆがみ=腰痛

腰痛は骨や変形に原因があるという考え方は正しくありません。

4.骨盤矯正って何をしているの?

骨盤自体というよりは、背骨から見て骨盤が前傾しているか後傾しているか、右に傾いているか、左に傾いているかです。

骨盤が勝手に傾くわけではなく、周りの筋肉の緊張によって傾いているように見えるだけです。

実際に施術するのは、骨盤周囲の筋肉へのマッサージやストレッチなので骨盤矯正といえるのかどうか・・・。

結局のところ、見る人にインパクトのある言葉にしたかったのだと思います。

「骨盤周囲の筋肉マッサージ」よりは「骨盤矯正」の方がスッキリしていますよね。

骨盤矯正で腰痛は治るのか

先ほども書きましたように、腰痛の原因は複数あります。

腰痛の原因が骨盤周囲の筋肉の緊張からきているのでしたら、それで良くなることもあるかもしれません。

私の臨床経験からしますと、それだけで良くなる腰痛は少ないです。

腰痛は腰に負担がかかって、疲労が蓄積された結果起こります。

それが長引くと慢性化し、なかなか治りにくくなるのです。

腰に負担をかけている原因を突き止め、それを改善することが腰痛の治療です。

最初から「骨盤矯正で腰痛を治す」と決めつけていては、適切な腰痛治療を選択することの妨げになります。

ぜんまい治療院では、腰痛の原因に合わせた施術、セルフケアを組み合わせて治療計画を立てます。

原因に対して「整体」「鍼灸」を使い分けて治療しています。

腰痛はちょっとした動作でもつらく、何をするにでも気になってにひどくなると仕事にも支障が出てしまいます。

あなたは、「腰痛を改善して毎日をもっと快適に過ごしたい」とお考えでしょうか?

当院は、あなたの想いに応えられるよう日々取り組んでいます。

「腰痛があり、治療を受けたいのですが?」とお気軽にお問い合わせください。


ぜんまい治療院では、整体はり治療体操指導を中心に腰痛の根本治療をおこ­なってます。

腰痛治療なら和歌山市ぜんまい治療院へ

和歌山市で腰痛治療に実績のある鍼灸院整体院をお探しなら、JR和歌山駅西口より徒歩4分の【ぜんまい治療院】へお越しください。

ぜんまい治療院は、腰痛をはじめ、肩こり膝の痛み、頭痛でお困りの多くの患者さんが来院されています。