いつもの腰痛が腰や背中だけでなく、お尻の筋肉まで痛くなってきた。

そんなことでお困りではありませんか?

お尻の痛みは腰痛が悪化しているサインです。

今後、いわゆる坐骨神経痛の始まりになる恐れがあるので、早めに対処する必要があります。

こちらの記事では、お尻の筋肉の痛みが坐骨神経痛にならないためのヒントをご紹介していますので、ご参考にしていただければと思います。

腰痛,お尻

お尻の筋肉は「これから痛みが広がるサイン」です

腰痛は、なぜ腰に痛みを感じるのでしょうか?

突然のぎっくり腰ではなく慢性的な腰痛の場合、

  • 筋肉の緊張
  • 血流不足

による慢性疲労状態が痛みの原因です。

慢性疲労状態だと、

  • 筋肉が回復しにくい
  • すぐに痛みが出る
  • 筋力の低下
  • 姿勢が保ちにくいため、バランスが崩れる
  • 血流が悪い

筋肉がとても悪い状態のため、休んでもすぐに痛みを起こしやすくなっています。

これが腰で起きていると腰痛になるのです。

腰痛が長引いたり繰り返し腰痛になると、その範囲は広がってきます。

背中の上の方やお尻の筋肉までが、慢性的な疲労状態になります。

お尻の筋肉の痛みの特徴

お尻の筋肉は座っているときに体重のかかるところなので、実は普段から血流が悪くなりやすいところです。

お尻の筋肉はお尻以外にも、「太ももやふくらはぎ、足首までの広い範囲」に痛みやしびれを飛ばすという特徴があります。

ここが一番のポイントです。

坐骨神経痛は、坐骨神経の流れに沿ったお尻から足にかけてのしびれや痛みの総称です。

その主な原因になるのがお尻の筋肉なのです。

坐骨神経痛で脚のしびれや痛みと聞くと、ヘルニアや狭窄症などの背骨の問題と思いがちですが、背骨と神経の問題で起こるのは「マヒ」です。

感覚異常:痛みやしびれ

運動異常:動かせない=マヒ

痛みやしびれは筋肉と血流の問題でも起こるので、何でも背骨のせいだとあきらめてはいけません。

腰やお尻の筋肉の緊張を緩めたり、血流を良くする治療によって改善する可能性があります。

腰痛でお尻の筋肉が痛くなったら要注意!(後編)に続きます。


ぜんまい治療院では、整体はり治療体操指導を中心に腰痛の根本治療をおこ­なってます。

腰痛治療なら和歌山市ぜんまい治療院へ

和歌山市で腰痛治療に実績のある鍼灸院整体院をお探しなら、JR和歌山駅西口より徒歩4分の【ぜんまい治療院】へお越しください。

ぜんまい治療院は、腰痛をはじめ、肩こり膝の痛み、頭痛でお困りの多くの患者さんが来院されています。