後頭部頭痛が最近増えています。

それはなぜか。

スマートフォンを長時間操作しすぎた人が多くなったからです。

首や肩、腕に負担がかかり首肩こりから、後頭部頭痛が起きています。

頭痛,後頭部

後頭部の頭痛は緊張型頭痛

後頭部に起こる頭痛は色々あります。

多くの場合は緊張型頭痛が原因となっています。

緊張型頭痛は、後頭部、こめかみ、頭全体に重い、締め付けられるような痛みが起こります。

首や肩の筋肉の過緊張(コリ)があり、その影響で痛みを頭で感じるのです。

  • 長時間、スマホ操作をする
  • 長時間、携帯ゲーム機で遊ぶ
  • デスクワークが長時間続く
  • 姿勢が長時間の負担に耐えられない
  • 度の合わない眼鏡、コンタクトレンズの使用
  • 休憩が少ない状態での目の使い過ぎ

などから、頭を支える首や肩の筋肉に負担がかかり、慢性的な筋疲労状態になると、ちょっとしたことで頭に痛みを感じるようになります。

緊張型頭痛がクセになると本当につらいです

  • スマホを数分見ただけ
  • 横になってテレビを見たら
  • うがいをしようと上を向いたら

などの首肩の筋肉に力がかかるだけで、痛みやだるさ、めまいなどを感じます。

筋肉の状態が悪いと起こるのは、疲れや痛みだけではないので注意が必要です。

できれば軽症のうちに原因から対処していくのが良いのですが、薬で抑えたり我慢してしまっていると慢性化につながります。

後頭部の緊張型頭痛を克服できた人は、

  • 作業時の姿勢改善
  • スマホの長時間連続使用を控える
  • 目を休める
  • 硬くなった筋肉の治療
  • 身体のバランス調整

などに取り組み自分自身でのケアを積極的に行った人です。

克服できなかった人は、

  • 姿勢なんて気を付けない
  • ⇒肩こりの悪化、猫背に

  • 頭痛は苦痛だけどスマホを手放せない
  • ⇒不眠、腕や手の痛み

  • 目を酷使している
  • ⇒視力低下、若年性老眼

  • つらいけど我慢している
  • ⇒ストレス大から痛みにも敏感になる

  • 治療しなくても自分で何とかできる
  • ⇒悪くなる方が勝り、どんどん治りにくくなる

と、今までと同じことを続けてしまっている人です。

もしあなたが後頭部の頭痛でお困りなら、どちらを選びますか?

頭痛は、仕事や勉強の集中力の低下から、とんでもないミスにつながることがあります。

そうならないためにも、早めに頭痛の専門家に診てもらうことをお勧めします。


ぜんまい治療院では、整体はり治療体操指導を中心に肩こりの根本治療をおこ­なってます。

頭痛治療なら和歌山市ぜんまい治療院へ

和歌山市で頭痛の治療に実績のある鍼灸院整体院をお探しなら、JR和歌山駅西口より徒歩4分の【ぜんまい治療院】へお越しください。

ぜんまい治療院は、腰痛をはじめ、肩こり膝の痛み頭痛でお困りの多くの患者さんが来院されています。