妊娠してお腹が大きくなってくると、今までなかった腰痛を感じるようになってきます。

妊娠しているから仕方がないものだと我慢していると、だんだんと日常生活にも支障が出てくることもあるので注意が必要です。

腰痛,妊娠

妊娠したら腰痛になるもの?

当院には妊娠してから腰痛になったという方が多く来院されています。

  • 座っていると腰がだるい
  • 座っていて立ち上がるとき腰が痛い
  • 寝返りをすると痛い
  • 起き上がるときに腰が痛い
  • 前かがみでの作業で腰が痛くなってくる

など、特に寝起きや立ち上がりなどの姿勢を変えるときに痛みます。

安定期に入ってからの腰痛は、体型の変化によって体のバランスが崩れるから起こります。

これは、お腹が大きいのでそれを後ろから支えている背中や腰の筋肉に負担がかかっているからです。

体のバランスの変化に、自分の身体の感覚もついていければうまく支えられるのですが、急な変化のためどうしても筋肉が疲労してしまうのです。

腰痛は仕方ないと我慢してしまうと、腰をかばうために股関節や脚に負担がかかり、痛みやこむら返りなどを起こしやすくなります。

ホルモンバランスの変化による影響はもちろんありますが、積極的に体のケアをしていくと動きやすさや過ごしやすさが違います。

この時期は、体のバランスを整えたり筋肉の緊張を緩めたりして腰痛を乗り切っていくのがお勧めです。

妊娠して腰痛で悩まないために

「悩む」という言葉は、原因があいまいなまま、問題を複雑化させたりネガティブな気分になるという意味があります。

腰痛で悩むというのは、原因や対策がわからずネガティブになって何をしたらよいかわからず考え込むということです。

妊娠後期の腰痛の原因は、

  1. お腹が大きくなる
  2. 身体のバランスに変化に支える側がついていけていない
  3. 妊娠時の身体の使い方、ケアの仕方を知らない
  4. 背中や腰などの筋肉に負担

です。

この1~4に対するケアは、

  1. 腹帯・骨盤ベルトでのサポート
  2. 腹帯やベルトでサポートする
  3. 体のバランス調整
  4. 姿勢や動作、体操などセルフケア指導
  5. 筋肉の緊張を緩めたり、動きの悪くなっている関節を調整

などが考えられます。

もちろん、体調の問題もあるのでまずはそちらを優先させます。

もしあなたが妊娠中の腰痛を我慢しているなら、安全な治療を受ければその腰痛は改善します。

妊娠中なんですけど、治療できますか?」とお問い合わせください。


ぜんまい治療院では、整体はり治療体操指導を中心に腰痛の根本治療をおこ­なってます。

腰痛治療なら和歌山市ぜんまい治療院へ

和歌山市で腰痛治療に実績のある鍼灸院整体院をお探しなら、JR和歌山駅西口より徒歩4分の【ぜんまい治療院】へお越しください。

ぜんまい治療院は、腰痛をはじめ、肩こり膝の痛み、頭痛でお困りの多くの患者さんが来院されています。