良い姿勢をすることは腰痛にならないために必要なことです。

しかし、腰痛がすでにある場合、良い姿勢をするだけで腰痛は治るでしょうか?

『腰が痛いのは姿勢が悪いから』よ言う人もいますが、果たしてそれだけで改善できないこともあります。

腰痛,姿勢

腰痛があるときにしてはいけない姿勢

良い姿勢とは、体の重心が真ん中にあり、頭や体幹、足がその線上にある状態をいいます。

立ち姿勢ですと、横から見て、

  • 股関節(大転子)
  • 外くるぶし

を結んだ線が一直線になっている状態です。

ここまでしなくても、背すじを伸ばした姿勢をイメージしてみてください。

腰痛のある方がこの姿勢を頑張って続けようとすると、その人の状態によっては背中や腰に痛みが出ます。

特に、前や後ろに曲げると痛みがあったり、座ってじっとしていても痛みを感じる場合は注意が必要です。

痛みが出る姿勢を続けてしまうと、筋肉が緊張し血流が低下するため痛みがより強くなります。

これでは良い姿勢にする意味がありませんよね。

腰が痛いときには、基本的に痛い姿勢や動作は続けない方が良いです。

痛みを悪化させるだけなので、楽な姿勢で過ごすようにして下さい。

姿勢をよくする前にすべきこと

ただし、強い痛みが引いてきても「痛いから楽な姿勢で過ごす」ことばかり続けてしまうと、やはり問題が生じます。

痛みを逃れるために体のバランスが崩れ、それが続くと筋肉が固くなり、姿勢のゆがみが定着することになります。

そうなると、見た目の問題だけでなく負担のかかる場所が決まってきます。

痛みがいつも同じ場所に起きたり、左右で動きの悪い関節や筋肉ができやすくなることも考えられます。

姿勢をよくすることは非常に大切なことですが、腰痛を改善するためにはまず原因を見極めること。

そして、治療によって痛みを改善させることが先決です。

治療の中で姿勢をよくしていくことが治るスピードをアップさせたり、予防にもつながってきます。

姿勢をよくすると腰痛が良くなるというネットやテレビなど情報から姿勢正してみた結果、腰痛が悪化したり効果を感じられない場合は一旦中止してください。

ご自身の腰痛に姿勢を良くすることがが適しているかを自己判断せず、腰痛の専門家である治療院や病院できちんと調べて治療しましょう。


ぜんまい治療院では、整体はり治療体操指導を中心に腰痛の根本治療をおこ­なってます。

腰痛治療なら和歌山市ぜんまい治療院へ

和歌山市で腰痛治療に実績のある鍼灸院整体院をお探しなら、JR和歌山駅西口より徒歩4分の【ぜんまい治療院】へお越しください。

ぜんまい治療院は、腰痛をはじめ、肩こり膝の痛み、頭痛でお困りの多くの患者さんが来院されています。