「昔、腰痛で病院に行ったらヘルニアって言われたけれど、今は痛いというより重だるい感じです」

ヘルニアで手術したけど、結局今も痛いです」

と、言うのは腰痛でお困りの方からはよく聞きます。

腰痛,ヘルニア

椎間板ヘルニア=腰痛?

背骨は首から腰まで骨が積み重なって構成されています。

脳から脊髄神経が背骨の穴を通っています。

背骨の横穴から手や足に伸びる神経が出ています。

背骨の一つ一つの間には、椎間板というクッションがあります。

この椎間板が硬くなって変形してくると、背骨の横穴が狭くなり神経を圧迫します。

この圧迫により、痛みやしびれが起きるとされています。

腰ならば、腰やお尻、太ももやふくらはぎ、足指などに痛みやしびれが出ると言われています。

これが腰椎椎間板ヘルニアです。

ヘルニアは痛みや痺れを出すと言われています。

しかし、MRI検査で椎間板がつぶれていて神経を圧迫しているものでも、痛みを出さない【無症状のヘルニア】は珍しくないのです。

つまり、「ヘルニアがあるからといって痛い・しびれる」ではないのです。

これは、MRIが広く使われるようになり、症状の変化とヘルニアがどんな関係があるか経過を見れるようになったからです。

椎間板ヘルニアは時間とともに自然に小さくなったり、なくなっていくことがわかっています。

そして、ヘルニアが小さくなるよりも前に症状が軽減、消失することも多いということです。

そういうことがわかってきてからは、MRIなどの画像検査だけでは痛みがヘルニアから来ていると言えなくなっています。

他の神経学的な検査を合わせて行い、診断することになっています。

ヘルニアが腰痛と関係ないとしたら、あなたの腰痛はどこから来ているのでしょうか?

ヘルニアがあることの意味

ヘルニアは何も原因がなくてできるものではありません。

ヘルニアは腰に負担がかかり、硬くなった筋肉が縮んで骨同士を引っ張ることで椎間板を圧迫し起こるともいわれています。

普段の姿勢や動作の積み重ねから体のバランスが崩れ、偏って負担のかかるところができます。

負担がかかり続けると、体を支えるために筋肉が常に緊張して血流も悪くなります。

血流が悪くなると筋肉への酸素や栄養が届きにくくなるので、さらに筋肉が硬くなってしまうという悪循環が起きます。

その負担のかかる場所が腰だと腰痛になるのです。

ぜんまい治療院で治療を受けてみることで病院と違ったアプローチでの治療になります。

ヘルニアだからとあきらめてしまうよりも、今ある腰痛を根本原因から対処することが回復への第一歩です。


ぜんまい治療院では、整体はり治療体操指導を中心に腰痛の根本治療をおこ­なってます。

腰痛治療なら和歌山市ぜんまい治療院へ

和歌山市で腰痛治療に実績のある鍼灸院整体院をお探しなら、JR和歌山駅西口より徒歩4分の【ぜんまい治療院】へお越しください。

ぜんまい治療院は、腰痛をはじめ、肩こり膝の痛み、頭痛でお困りの多くの患者さんが来院されています。