肩こりがある患者さんで、いつもの肩こりよりも腕の方まで痛みを感じると、「これは五十肩四十肩)ですか?」と聞かれることがあります。

どちらも、名前に「肩」が入りますが全く違うものですのでしっかり見分ける必要があります。

肩こりと四十肩・五十肩の違い

肩こりについて

  • 悪い姿勢
  • 長時間の同じ姿勢や動作
  • 精神的な緊張

などによって肩や首の筋肉が疲労します。

疲労すると血流が悪くなるため、首や肩に痛みや張り・だるさが発生している状態です。

四十肩・五十肩について

  • 加齢による血液循環の悪化
  • 関節や筋肉、腱などに炎症と痛み
  • 肩の可動域が狭くなるので、自由に腕が動かせなくなる

まとめると、

  • 肩こりは主に「筋肉」の疲労による痛みだるさ
  • 四十肩・五十肩は「関節」周囲の炎症やこわばり

という違いがあります。

肩こりは四十肩・五十肩の原因になる

肩こりと四十肩・五十肩は特徴的な症状だけを見ると、全く別のように思うかもしれません。

四十肩五十肩が起きる背景には、

  • 筋肉バランスの乱れ
  • 無理な動作の繰り返し

により一定部位に負荷がかかり、ダメージが蓄積され生じることがあります。

肩こりの方は、首や肩、肩甲骨周りの筋肉が硬くなり、血流が悪くなります。

首や肩だけでなく、肩関節の周囲の血流も悪くなり、関節内にも栄養や酸素が行きにくくなるので、歳を取る以外でも肩関節の変性が進むことにつながります。

つまり、肩こりが四十肩・五十肩の発症を促す恐れがあるということです。

肩こりだけのうちに早めに対処していくことが、つらい五十肩を予防することにもなります。

実際に肩こりのある患者さんに腕を上げるバンザイなどをやってもらうと、コリのため上がりにくくなっていることがよくあります。

肩こりはコリをほぐすだけではよくなりません。

もし、自分で頑張って肩こりを何とかしようとしてもなかなか良くならないなら、時間を無駄にするのは止めましょう。

つらいところだけでなく、全体のバランスを調整できる経験を積んだプロに任せることをお勧めします。


ぜんまい治療院では、整体はり治療体操指導を中心に肩こりの根本治療をおこ­なってます。

肩こり治療なら和歌山市ぜんまい治療院へ

和歌山市で肩こり治療に実績のある鍼灸院整体院をお探しなら、JR和歌山駅西口より徒歩4分の【ぜんまい治療院】へお越しください。

ぜんまい治療院は、腰痛をはじめ、肩こり膝の痛み頭痛でお困りの多くの患者さんが来院されています。