小学生中学生肩こりを感じている人も最近では増えています。

肩こり,小学生,中学生

それを親に知らせる子は親が心配して何らかの対処をしていますが、言わずに過ごしている子や何も対処をしていない場合は注意が必要です。

小学生・中学生が肩こりになる原因

(1)学習時間が長い

小学生・中学生は平日は授業、塾や家庭学習で座っている時間がとても長いです。

座っている時間が長いと、同じ姿勢を続けることになり疲れます。

(2)スマホやパソコン、ゲーム機の長時間の使用

目を疲れさせることは肩こりにつながります。

(3)体を動かすことが少ない(運動不足)

外で遊んだり、運動部でなければ運動する機会が少ない。

などが挙げられます。

ただ、大人と違って若いので通常の疲労なら回復します。

本当の問題は姿勢

では、なぜ若い小学生・中学生でも肩こりになるのでしょうか。

今の小学生、中学生の姿勢を見ていると、姿勢の悪い子が多いと感じます。

  • 勉強中の子供たちの姿勢
  • スマホや携帯ゲーム機をしている姿勢

背中を丸め、顔を机やスマホに近づける姿勢が目立ちます。

人間の頭の重さは体重比で8~13%(約10%)と言われています。

体重50Kgの人だと約5Kgです。

頭の重さは体の中心で支えていれば、そんなに負担になりませんが、前に出るほどそれを支える首や肩に大きな負担(約2~3倍の重さ)がかかるのです。

そんな負担の大きな姿勢で、長時間勉強やスマホやゲームをすれば首や肩~背中の筋肉に疲労が蓄積されます。

慢性的な筋肉疲労の状態になり、肩こりが定着するのです。

凝っている筋肉の緊張を緩めることも必要ですが、それだけでは解決できません。

姿勢の問題を含めて取り組んで行くことが大切です。

もし、自分で頑張って肩こりを何とかしようとしてもなかなか良くならないなら、時間を無駄にするのは止めましょう。

肩こりは、集中力の低下や睡眠不足にもつながる問題です。

辛いところだけでなく、全体のバランスを調整できる経験を積んだプロに任せることをお勧めします。


ぜんまい治療院では、整体はり治療体操指導を中心に肩こりの根本治療をおこ­なってます。

肩こり治療なら和歌山市ぜんまい治療院へ

和歌山市で肩こり治療に実績のある鍼灸院整体院をお探しなら、JR和歌山駅西口より徒歩4分の【ぜんまい治療院】へお越しください。

ぜんまい治療院は、腰痛をはじめ、肩こり膝の痛み頭痛でお困りの多くの患者さんが来院されています。