当院のブログにご訪問いただき、
ありがとうございます。

和歌山市で「慢性肩こり」に特化した 整体院

ぜんまい治療院 院長の峯村武です。

今日は、家族の方に簡単にできる

首の前から横にかけてのこりを和らげる

セルフマッサージをお伝えします。

肩がこったからといって、
闇雲に力任せにもんでも効果は少ないです。

姿勢不良などで特にコリが起こりやすい筋肉を
ピンポイントでマッサージしていきましょう。

【胸鎖乳突筋のセルフマッサージ】

今回は、【胸鎖乳突筋】を緩めて行きましょう。

胸鎖乳突筋はどこにある?

首を横に向けたときに、
首すじに太い2本の筋肉が浮き上がってきます。

これが胸鎖乳突筋です。
鎖骨と胸骨から、耳の後ろの側頭骨にのびています。

首を曲げたり、回したり、横に倒したりする筋肉です。

頭の重みがかかりやすく、
緊張してこりやすいです。

この筋肉自体に痛みが起こることはありませんが、
押さえると痛みを感じることがあるので、

「リンパ節が腫れているのか?」

と思う方もいらっしゃいます。

症状は、

目の上、耳の後ろ、頭、
あごなどの痛みとして現れることが多いです。

姿勢にも気を付けましょう。

マッサージのコツ

・手を温めておく(冷たいと筋肉が緊張してしまう)
・20回くらいを目安に気持ちよくなるまで行う

人差し指と中指を当てながら、
痛みを感じるところを探しマッサージで緩めていきます。

押さえた時に痛みを感じたなら、
押した点は、慢性の頭痛や顔、あごなどの
その他の症状に関係していると思ってください。

基本的に、人差し指と中指を押し当てて行います。
グッと押さえるのではなく、
筋肉を横切るようにマッサージします。

押すよりも指が疲れにくいのでおすすめです。

反対も同じように
やってみてください。

肩こりの痛みだけでなく、

頭痛やあごの痛み、めまいも

和らげますので、家族や友人に

教えてあげてくださいね。

また、今後も、ご紹介する整体ストレッチと合わせて、

周りの頭痛やあごの痛み、めまいで

困っている人に教えてあげてください。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

峯村武

♦ 和歌山市で肩こりのお悩みはこちらまで

TEL 073-425-7370

「はい、ぜんまい治療院です」と出ますので、

「ホームページを見て、予約したいのですが」とお伝えください。

・頭痛

・ぎっくり腰

・坐骨神経痛

・長年の慢性腰痛

・椎間板ヘルニア

・脊柱管狭窄症

・手のしびれ

・五十肩、四十肩

・ひざの痛み

・産後の腰痛

その他、お身体の不調、悩み

ぜひ、ご相談ください。

整体鍼灸治療院
ぜんまい治療院HP